太らない体質のヒミツはプチ断食体質

まず自分のプロフィールから書こうと思います。
私は30代の男性で中肉中背。
身長は174cmで、体重は60キロから61キロ程度をウロウロしています。
体脂肪率は18%から19%程度ですから、どちらかと言えば瘦せている方だと思います。
特に運動もせず、サプリ等の健康食品も飲んでいません。
食べる事も飲む事も大好きで、甘い物をツマミにお酒もいける口の、酒飲みにあらざるべき味覚を持っています。
実は私は、太らない体質なんです。

友人との飲み会などで糾弾されるのが、この体質です。
「なんでお前は食べても太らないんだよ」等と友人はからんでくるのですが、この体質には理由があるのです。
私は人よりも消化器官が弱いのか、暴飲暴食をした翌日、あるいは翌々日は何も食べる気がしなくなるのです。
そんな日はほとんど水か、野菜ジュース程度で1日を過ごします。
言わば、プチ断食状態なのです。

先日、あるダイエットに関する記事を読んでいたのですが、人間は食べてから栄養を消化、吸収するまで1日あるいは、それ以上かかるとの事でした。
飲み会等で暴飲暴食をすると、その瞬間から太った様な気がしますが、それは間違いだったのです。
食べたモノが消化吸収されて脂肪細胞に変化するまでに、何らかの方法でその量のカロリーを消費すれば、結果的には太らない事になります。
その方法は運動でも良いですし、プチ断食でも良いでしょう。

私の場合、体質的な理由で無意識に、プチ断食でカロリー消費を行っていた訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です